信用取引のメリットとデメリット、リスクについて


もう一つのメリットは、信用取引では株を借りて売ること(空売り)ができる点です。 株式投資には安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すかの2種類しかありませんから、この両方ができれば、取引の幅も広がることになります。 このほか、現物取引が実需と呼ばれるのにい対して、信用取引は仮需と呼ばれています。 仮需は相場の人気度を測る物差しになるため、信用買い残と売り残の取り組みを見れば、相場の先行きを判断することができます。 デメリットやリスクについては以降で詳しく説明します。




現物取引は、安い株価で買って値上がりしたところで売るしか儲ける方法はありません。 買いから始める方法である信用取引の買いも基本的には同じ仕組みです。 ただし、信用取引と現物取引の違いは、信用と引き替えにお金を借りて株を買うというところです。 つまり、信用取引口座を開設した証券会社に現金や現物株式、国債などの担保(委託保証金)を差し入れ、株の購入資金を借りて株を買うというわけです。 お金を借りるには、担保だけでなく、一定の金利(日歩)も支払う必要があります。



ただし、金利がかかるのは株を買っているときだけですし、取引ごとにいちいち契約を結ぶこともありません。 信用取引は非常に便利で資金効率の良い取引ですが、株主としての権利を行使したり、株主優待を受けたりすることはできません。

信用取引で儲けるには、高い株価で売って値下がりしたところで買い戻すという方法もあります。 つまり、担保を差し入れて、その担保の許す範囲で株を借りて売ることができるのです。 これが一般的に言われる信用売りです。


株式市場には上昇相場もあれば、下落相場もあります。 現物取引だと最初は必ず買いですから、株価が下降トレンドにあるときには、手持ちの株を売却するか、指をくわえて下がるのを眺めているしかありません。 ところが、信用取引を利用すれば、割高になった銘柄の株券を借りて売り、安くなったところで買い戻して儲けることができるのです。 このほか、保有している現物株が首尾よく大幅に値上がりしたときには、保有している銘柄をカラ売りすることもできます。 これをツナギ売りといいます。 この方法のメリットは、その銘柄がさらに上昇しても、現物株で返済する(現渡し)ことができる点です。

逆に、大幅上昇の反動で一時的に下落したときには、現物株はそのままで、空売りした分を買い戻せば利益を確保できます。 この仕組を理解すると取引の自由度が格段に広がることを覚えておいて下さい。 信用取引は大雑把に、制度信用取引、一般信用取引、無期限信用取引の3つに分類されています。 このうち、個人投資家の皆さんが一般的に利用する制度信用取引と無期限信用取引について説明しましょう。

制度信用取引とは、証券取引所のルールによって決済の期限や品貸料が決められている売買のことです。 決済までの期間は最長で6ヶ月間で、それまでに反対決済をしなければなりません。 そしてこの取引が行える銘柄を制度信用銘柄と呼びます。 制度信用取引で重要なのは、信用取引残高です。